スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

最近のPMおすすめ武器

最近のPM武器について思うこと書いていくよ。
今現在PMの武器で万能最強なのは「KAC PDW」で間違いないと思います。
ただ韓国ではパッチが適応されて数値より長かった射程距離が減ったとか減らないとか…
次点で「AKS-74U Desmodus」だと思います。
両方ともRMとある程度の距離までは、撃ち合うことが出来る武器です。
では僕が最近使っている武器を紹介しましょう。


1スロに「KBP PP2000Galaxy」2スロに「SPAS-15」を入れております。

KBP PP2000Galaxyは今現在韓国で大流行している武器で使ってみるとかなり面白い銃でした。
こいつにはカスタムすることが出来るのだけど、サプレッサーを付けるのか付けないのかの戦闘スタイルを決めてからカスタムすると良いと思います。
ロングレンジバレルを使うと大体15m位まで安定してダメージを入れることが出来ます。
バーストバレルの場合大体10m位までは安定してダメージを入れることが出来ます。
これはこの武器の特性ですが10mだろうが1mだろうが一発のダメージが全く同じなのです。
ならロングレンジバレルを使った方が戦闘が安定するのでは?と思うかも知れません。
ここで出てくるのがサプレッサーです。
サプレッサーを装着するとロングレンジバレルで伸ばした射程がほぼ相殺されてしまいます。
逆にこの武器の特性により、サプレッサーを付けても10mまでは威力が減衰しません。
僕の場合バーストバレルを付けて、サプレッサーをできる限り装着しています。
これが溶けるし機動速いし裏取りが楽しくなりました。

SPAS-15は一昔前に一世を風靡したSGで反動が少なく使いやすいのが特徴でAIMモードでの集弾が凄まじくて使い分けが重要な武器です。
カスタムはセットトリガー3が主流でセットトリガー3にしておけば間違いは無いでしょう。というか(一択…)
アスランの様な曲がり角の多いステージでは猛威をふるう事が多く意外な距離でも一撃が出たりする面白い武器です。
このSGは下方修正が入ってから(セットトリガー2の削除)実装されたにもかかわらず一撃率は凄まじくもう一度下方修正されました。
その後ブルスカやストライカーが実装されパッタリと姿を消してしまいました。
それでも僕はまだまだこいつは強いと思います。

この二つが僕が今現在装備しているPM装備です。
もしインベントリで眠らせている人が居れば是非引っ張り出してみてください。
面白い武器立ちだと思いますよ?

スポンサーサイト

2014.04.07 | コメント(0) | トラックバック(0) | PM

Mosin Nagant Engrave検証

Mosin Nagantの究極進化!といわれて実装されたのが、Mosin Nagant Engraveです。
どのくらい進化したかというと数値では弾数が+3されスコープの倍率が既存のモシンよりもちょっとあがりました。
究極進化というのでもしかしたらと思いしゃがみノンスコうちやスコープの展開速度やジャンプ撃ちの検証をしてみました。



違いはありませんでした。
しゃがみ時のレティクルの開きやスコープの展開速度などの違いを比較検証しましたが違いはありません。
実際に使ってみるとスコープの倍率は使いやすくロングなどのちょっと長いところでも撃ち合うことが出来ます(めちゃ強い人たちには関係ない話)
一撃率などの違いも体感では感じません、3発増えたことが究極進化だったようです。

2014.03.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mosin Nagant

M14 Battle Ship

今回は今をときめくM14 Battle Shipをレビューです。
M14EBRは元々威力と射程が長くparaよりも長いヘッドショット距離を持っていた武器です。
M14EBRは点射に優れセミスナの様な運用も可能だった銃です。
今現在M14EBRはM14DMRにリメイクされレティクルの開きや反動が改善されています。
さて今回のM14 Battle ShipはDMR以上に連射を速くしても集弾をしてヘッドショットの一撃距離も伸ばされており、AVA内ではかなり長い20mでもヘッドショット一撃がでるようです。



さて実際に使ってみるとその破壊力はすさまじくヘッドショットが出まくります。
逆を言うとヘッドショットできないとイグニスなどの連射の速い武器などに負けガチです。
それでも自分の体力が満タンなら胴撃ちでゴリ押しも出来、その名の通り戦艦の如く敵を蹂躙してくれます。
修正の入る前のparaに近いといわれておりタップ規制の影響もほとんどうけていません。
ただしこの武器は非常に足が遅く検証はしていませんがほとんどのSRより足が遅いのでは…というほどです。
使用法としては初弾外したらしゃがんで打ちまくるのが効果的楽ちんです。
色と形がいい上に強い、そして武器の使い方としてプレイスタイルまで格好いいという至れり尽くせり。
もう少し使ってみますが強すぎて気が引けるほど強いと思いました。

2014.03.25 | コメント(0) | トラックバック(0) | M14 Battle Ship

Saiga12

Saiga12はマガジンタイプのセミオート式ショットガンで、攻撃力や射程距離や連射速度などは高い次元でまとまっていてヒットアンドアウェイや乱戦などでも使うことの出来る性能を持っています。
根強い人気を持ち登場以来SGのなかでトップを争い続け、spas15の登場前はまさに最強でした。
spas15に下方修正が入りマガジンタイプショットガンでは1択だと思います。


カスタム:ショック収縮バレル

実際に使ってみるとある程度距離が離れていても一撃が出る場面があったりとSGの中でもトップを争う威力を持ちながらも、遅すぎない連射速度で敵をなぎ倒すことが出来ます。
しゃがみやジャンプによるレティクルの開きの違いはあまり感じません。
この武器を使って行くに当たって難しいのがAIMモードの有用性を生かすことです。
AIMモードを使うとかなり弾の散布範囲が狭まりその分ダメージが増えます。
それと引き替えに連射速度がガクンと落ちるので使い分けが重要になってきます。
SGらしい立ち回りに気をつけ爆破ではPMらしい軽快な立ち回りを意識すれば敵への攻撃のきっかけになり試合を動かせる良い武器だと思います。

2014.03.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | Saiga12

フラグムービー作りました。



編集は稚拙ですが努力はしたつもりです。
参考書とにらめっこしながら作ってます。
もう少し腕が上がるよう努力していきますので次回をお楽しみに。

2014.02.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | フラグムービー

AK120

DSC00343.jpg
今回は私の大好きなオーディオ機器のレビューです。
さて今回はAK120のレビューです。

■Astell&Kern『AK120』
■金額 大体12万円くらい

---------------------------------------
Astell&Kernといえば『AK100』を発売しハイレゾポータブル機器の先駆けのメーカーです。
そのAK100の上位版がこの『AK120』です。
こいつとの出会いはiPhoneからデジタル出力してポータブルアンプを通せば高音質のまま音楽を楽しめるのでは無いか、っていう試行錯誤からポータブルアンプを調べていき次第に充電地獄&ポケットに入りきらない規模の妄想になってきたので、こうなったらいっそこの際ポータブルアンプ要らないポータブルプレイヤーを探した方が良いのでは無いかっていう結論に至ったのがはじまりです。
で調べていくとAK100っていうのが良いらしいと知り、さらに調べるとその上位機が先週発売したばかりだと言うことでした。
これは運命です!もう速攻でぽちりました。
---------------------------------------

手に入れてから半年以上たったのでレビューしたいと思います。
実際に到着してからは我がコレクション(イヤホンとかヘッドホン)を色々試しました。
DSC00347.jpg
[左上:HD650 右上:HD25 1-2 左下:westone4 右下:ER-4PT-B]

■デザイン
AK120はスタジオクオリティサウンドを謳っておりスタジオ品質をポケットに入れル事が出来ちゃうポータブル機器です。
その大きさはタバコとほぼ同じ大きさで薄さはタバコより薄いです。

DSC00345.jpg
DSC00346.jpg

付属品も豪華で袋とか付いてましたがレザーハードケースが最初から付いていました。

DSC00348.jpg

■操作性
実際に使ってみると再生リストの管理が手動で一曲ずつ追加したりで大変すぎて、曲の追加の時にフォルダを作り追加するときに先にフォルダ分けをしておきフォルダ再生をして普段は運用しています。
タッチパネルのレスポンスはiPhoneを使っていたのでそれよりは悪く感じました。


実際の操作をした動画です。

一度フォルダやアーティストまでたどり着けば本体横に付いているアナログボタンで再生や停止音量の調節などを行える仕様です。

■音質
では肝心の音についてレビューです。
流石スタジオクオリティどんな音でも原音に忠実に何でもならしてくれます。
何も足さない何も引かない
この特性のせいで音源や視聴機器にもかなり音が左右されやすいです。
音の表現力が高いので音の粒や余韻が自然です。
ハイレゾ音源という物は持っていないので聞き比べは難しいですが、KORGのAudioGateを使ってアップサンプリングして聞き比べてみるとその効果は絶大で心地よさが増す?気がします?ハイレゾ音源を持っていないので多分宝の持ち腐れです。
この機械はかなり鳴らす機器にも左右されて例えばER-4PT-Bを使うと本当にモニタリング色が強くなり「原 音 忠 実」ってなります。
HD25を使うとシャキシャキ激しく歯切れのいい音が出てくれる着色通りの音が出てくれるそんな機器です。
僕はwestone4の艶のある音でありながら臨場感もある音に毎日酔っています。

■バッテリー
充電を忘れると次の日電池切れです。

■総評
それなりの音源とそれなりのイヤホンが必要でそれをごまかすのはすごく大変です。
良くも悪くも好きだった曲を聴かなくなることもあります。
新しい発見と感動と出会えるそんな機器だと思います。
12万円の価値有りです。

2014.01.30 | コメント(1) | トラックバック(0) | オーディオ

MG4KE T-REX

今回は前回検証したMG4KE T-REXのレビューです。
この武器はwikiなどによると集弾はMG4KEの修正前で連射が修正後と同じというのをよく見ます。
全くその通りだと思います。
まだ実装してから一週間がたっていない状態ですが、使用者はかなり少なく普及する見込みは少ないと思います。



今回は30発カスタムです。
実際に使ってみるとタップ修正によって修正前の頃より被弾する量が減ったおかげで常用に耐えうる性能があるなと実感できました。
まるで敵がボロぞうきんのようで破壊力は絶大です。
ただ移動撃ちは苦手でしゃがむことがとても重要になります。
しゃがみさえすれば鬼の集弾により蜂の巣は確定です。
ノンスコでの集弾もある程度するのでAK200の威力を上げて足を遅くしたような感じだといえば想像できるでしょうか。
壁抜きモク抜きなどはどの武器よりもしやすく、一発当てさえすれば続けて当てていくことが容易です。
セミスナユーザーの新しい選択肢にどうぞ。

2014.01.28 | コメント(0) | トラックバック(0) | MG4KE T-REX

新規実装武器比較 動画有り

M4A1(Mk4)が実装されましたね。
「M4A1 BaldEagleはしゃがむとレティクル締まるのにMk4はしまらない!」
という話を聞いたので比較をしてみました。



動画はこんな感じです。
音は編集ソフトのバグで潰れてしまうので音楽だけにしました(´・ω・`)

この動画でわかったことは
・レティクルがBEはしゃがむと締まる
・BEのほうが縦ぶれが少ない
・集弾自体はあまり変わらない

動画の結果と運営がM4A1 BaldEagle実装時に
「ベース銃であるM4A1 Mk.3を4世代クラスのパフォーマンスでバランス調整。」
といっていたことからMk4の弾数をふやした物がBaldEagleというわけでは無いようです。

今回のアップデートによりMG4KE T-REXも実装されました。
こちらも無印と比較を行ってみました。



違いは弾のばらけ方が横方向が少なくなっているように思えます。
集弾も良くなり昔のMG4の集弾に近く感じました。

2014.01.24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

MSG-90A1 Borte Chino

MSG-90A1 Borte Chinoは他のセミスナと比べるとボルトSRに近い特徴を持っています。
一撃が出やすくクイックチェンジ(射撃→スコープの展開解除→スコープの展開)
が基本テクニックである。
連射は遅めでストッピングも必要です。
MSGmodと比べると一撃は体感ですがBorte Chinoの方が出る気がします。



やはり08防具廃止による一撃率の上昇は大きく、かなり一撃で倒すことができるようになっています。
敵を連続で倒した時の快感が他のsrよりもかなり大きいです。(玄人感最高)
一味違う快感と実用的な一撃率を持ったこのセミスナはかなりオススメの一品です。

2014.01.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | MSG-90A1 Borte Chino

Mad Galil

コメントで要望有ったのでやりました。

この武器は音が独特で相手が身構えてくるので打ち勝つのが大変な武器でした。
ジャンプ撃ちは出来るけどゲージは多少開きます。
ドラグノフとの大きな違いは威力と機動です。



さて使ってみて思った事は一撃の少なさですね。
ドラグノフやゼブラだと一撃の場面が2撃必要だったりします。
足も遅くドラグノフほどアグレッシブな戦闘は出来ません。
精度はゼブラより良いけど…VSSと同じ位に感じますね、長距離だと感覚でおおざっぱにこの辺かなって撃つと当たったりします。
最大の利点は連射と弾数の多さです。
弾数とセミスナ特有の押しの強さを軸にゴリ押しをすると良いと思います。
弾切れの心配は無いので好きなだけ撃ちまくるのが良い感じです。
旧世代セミスナの中では比較的まっすぐ飛ばせてジャンプも出来るので使える部類に入ると思いますが…威力や機動が今の実戦レベルには足りなく感じます。

2014.01.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mad Galil

«  | ホーム |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。